勝田台から産後の骨盤矯正の重要性を発信!


ブログをご覧いただきありがとうございます。

本当に正しい情報の伝道師こと八千代市勝田台「あいのて整骨・鍼灸院」院長の金子 巡(かねこ めぐる)です。

「産後の骨盤矯正について」

出産をし育児に奮闘中のママさん・現在妊娠中の女性のみなさんは産後の骨盤矯正という言葉を一度は耳にしたり目にしたりして興味を持ったことがあるのではないでしょうか?
最近巷には骨盤矯正は勿論、産後の骨盤矯正を掲げている治療院が溢れています。
正しい知識を持って正しい選択をしなくてはいけません。
そこで今回は産前産後の身体のケアについてお話ししたいと思います。


「そもそ産後の骨盤矯正って必要なの?」

産後のケアと言ったら骨盤矯正という言葉が浮かびますが産後の骨盤矯正は本当に必要なのでしょうか?
その答えは半分Yesで半分Noといったところでしょうか。
私が考えるに骨盤のケアは絶対的に必要だと思います。しかし骨盤を安定した状態に保つためには産後のみでなく産前(妊娠中)からの骨盤のケアが重要だと考えます。産後だけではないのです。
そして産前産後のケアとして骨盤を整えることは非常に重要ですが骨盤の調整だけでは不十分。骨盤と共に下肢の関節や上肢の調整を行うことが必要です。

女性の体は出産により大きなダメージを受けるわけですがそれは出産の瞬間だけではなく妊娠中の体の変化・体の使い方の変化によっても蓄積されているのです。
例えば大きくなったお腹を避けるように足を開いて歩くことにより股関節の歪みが生まれその影響で骨盤にも歪みが波及します。
産前産後の腰回りの張り出しは骨盤の開きだけでなくこの股関節のズレも1つの原因であります。お腹が大きくなると共に骨盤は前傾し元々ある腰の反りは更に増大します。
他には妊娠中の横座り。これも骨盤の歪みを生みだす1つの要因になりえます。
この様に産前から体の歪みを生み出す要因は生活の中に溢れているのです。
それをホルモンにより骨盤をはじめ全身の関節・靭帯が緩んでいる体で行うのですから尚更です。
産後の体を早く回復させるためにも産前から全身的なケアをし整え出産時のダメージを最小限にすることが必要なのです。

「身体を整えることは母体はもちろん、赤ちゃんにとっても非常に重要!」

先程お話ししたように産後の体の歪みは出産時の一度のダメージだけで起きるものではありません。妊娠中から体は大きく変化しそれに伴い歪みをおこしてきます。そして元々の歪みが強い方はこれを期に今まで以上に不調が現れてくる可能性があるのです。
出産後も休む間なく育児に追われる現代のお母さん達にとって産前からのケアは必須であると言えるでしょう。
そして身体を整え良い状態に保ちお産に臨むことは母体だけでなく生まれてくる赤ちゃんの為にも非常に重要となってきます。
出産時における母体と胎児へのリスクには様々なものがあります。難産になると母体はもちろん産道に長時間滞在することによる赤ちゃんへの負担はとても大きいです。
出生後の赤ちゃんの健康にも関わってきます。医療の発達した現代、難産が必ずしも危険な出産という訳ではないですがリスクが少ないに越したことはありません。
赤ちゃんの通る産道は、仙骨と左右の寛骨で構成される骨盤で出来た道です。
赤ちゃんがスムーズに少しでも楽に出こられるよう骨盤を整え準備してあげましょう!

最後に…
妊婦さんにとって1つの大きなゴールとなる出産。それは同時に育児のスタートでもあります。どれも人生の中では大切な時間です。
健康な体でそれらを迎えられるよう正しい知識で正しいケアを選択してください!

あいのて整骨・鍼灸院では産前・産後の体のケアにも力を入れております。
妊婦さん、子連れの患者様専用の時間もございます。
妊婦さんに関しては妊娠2ヶ月以降からケアが可能です。
是非私達にみなさんの手助けをさせて下さい! 


↓もっといろいろな情報を知りたい方は、こちらからをどうぞ↓
 HP : https://www.handsworker-ainote.com/

それでは、また次回もブログでお会いしましょう。

めぐる

-------------------------------------------------------------------------------------------
 あいのて整骨・鍼灸院
 〒276-0020
 千葉県八千代市勝田台北2-13-1
 TEL 047-409-1280
 診療時間 平日  10:00~22:00
 土曜  10:00~15:00
 日曜 10:00~15:00

ご予約keyboard_arrow_right
line相談keyboard_arrow_right
local_phone